外国籍の相続問題はケースによって違いがある

国際結婚というものが一般的になってきたことで、相続での問題点に悩まされることも増えてきました。外国籍の相続人が遺産を受けとることができるのかという問題もありますし、外国籍の人が亡くなったときに遺産はどのように相続されるのかという問題もあります。日本人が外国に行き結婚したときの相続の問題も当然起こります。この問題は複雑なため一般的に法律を解釈しているだけではトラブルを回避することはできません。

外国籍の相続人がいた場合、日本では相続統一主義によって通常の日本人と同じように遺産を相続することができます。配偶者なら遺産の半分がもらえるということです。ただ遺言がある場合はまた分割のされ方が違ってきてしまい、複雑な問題になることもあります。外国籍の遺産問題があるときには弁護士や司法書士に相談をしてみて解決してみるということが確実な方法となります。

外国籍同士の相続問題、外国籍の人が亡くなったときの相続問題、外国籍の人が相続人となるときの問題といったようにケースによって解釈が違ってくることがあります。相続でのトラブルは法律にあわせて解決する意外に方法はありませんので、外国籍がらみのトラブルは話し合いをするだけでなく法律の専門家に相談して決めてみると解決がスムーズになりますよ。

Leave a Reply